医院からのお知らせ

矯正の治療なら世田谷(三軒茶屋・弦巻)の
「ひらの矯正歯科クリニック」

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について  三軒茶屋 ひらの矯正歯科クリニック

症例ページで当クリニックの治療例をご覧頂き、矯正治療には様々なメリットをご理解頂けたのではないでしょうか。

しかし、、医療は専門性が高いため発生する率が非常に少ないですが、リスクの説明をしておくことが必要です。

日本矯正歯科学会では《矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について》

を以下のようにまとめています。

最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~12 週間で慣れることが多いです。

  歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。

  装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。

  治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが

  重要です。 また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。

  歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。

  ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。 

ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。 

治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。 

治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあり ます。 

様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。 

歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。

  矯正装置を誤飲する可能性があります。

  装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。

  装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。

  装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。

  あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。

  治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えてい る骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。

 その場合、再治療等が必要になる ことがあります。

  矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

 

☆重要:新型コロナウイルスの感染拡大に対する対応 三軒茶屋ひらの矯正歯科クリニック

新型コロナウイルスの感染拡大のため、5月6日までひらの矯正歯科クリニックでは縮小診療を行います。

診療室及び待合室の密集を防ぎより一層院内感染予防を努めてまいります。

〇矯正治療後の保定中(リテーナー)の定期健診の患者さま。また処置や検査の所要時間を長く要する処置内容の患者さま

〇妊娠中の患者さま

〇発熱、咳が出る患者さま

〇最近海外渡航歴がある患者さま又は、同居のご家族が海外渡航歴がある患者さま

〇小さなお子さま、お年寄りと同居されている患者さま

これらに該当する患者さまは、次回のお約束の変更をお願い申し上げます。

〇動的治療中の患者さま(装置が入り治療を継続している患者さま)は、予約の変更をご希望される方はお申し出下さい。

ご来院される患者さまへのお願い

〇付き添いが必要な患者さまは、1名のみの付き添いでお願いいたします。

〇ご来院時は、6Fエントランスにてアルコール手指消毒を必ずお願いいたします。

  なお、アルコール過敏症の方は手洗いをお願いいたします。

〇受付にて非接触型の温度計にて体温を測らせて頂きます。発熱が認められる場合、診療を延期させて頂きます。

〇患者さまは、治療前に必ず含嗽(うがい)をお願いいたします。

〇来院前の歯ブラシの徹底をお願い申し上げます。

〇歯石除去に使用する超音波器具の使用はエアロゾルを防止するため使用禁止しています。

〇診療チェアーは隣に他の患者さんが入らないように配慮致します。

  治療器具類は、従来通り各患者さまに、クラスBオートクレーブによる滅菌及びデイスポーザブル用品を使用しております。

心配、不安をを感じている患者さまは、電話にて対応させて頂きます。ご希望の方は予約の変更、診療日の延期をさせて頂きます。

☆ご予約の近い患者さまから順次連絡を入れさせて頂く事がありますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

見通しの付かない事態ですので、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

 

ひらの矯正歯科クリニックはコチラ

過去のブログはコチラ

ロススタディクラブ・ジャパンはコチラ

緊急事態宣言発令時の対応 三軒茶屋ひらの矯正歯科クリニック

緊急事態宣言が発令された場合、当クリニックの対応

医療機関に対する診療制限でない場合は診療を継続いたします。

〇但し、診療休止命令がでた場合は休診となります。

今後の診療については、

規模縮小、処置内容の制限、もしくは日時を短縮した診療の可能性があります

政府、東京都の指示に従い対応してまいります。

日本歯科医師会 東京都歯科医師会 世田谷区歯科医師会と連携を取った医療体制になると思われます。

また、状況によっては患者様の予約についてクリニックスタッフから変更等のご連絡をさせていただくことがございます。
患者様の安心、安全のため何卒とご協力のほどお願い申し上げます。

全く未知の状態ですが現状で想定できる内容とさせていただきました。

 

ひらの矯正歯科クリニックはコチラ

過去のブログはコチラ

ロススタディクラブ・ジャパンはコチラ

令和 元年5月1日 三軒茶屋ひらの矯正歯科クリニック

おはようございます。令和 元年5月1日 昨夜からの雨も上がり五月晴れの気持ちの良い朝を迎えています。

今日も、診療に集中して頑張りたいと思います。

ひらの矯正歯科クリニックでは、歯科衛生士さんを募集しております。今回の募集はDHの増員ですのでご興味のある方はお問合せ頂けると幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

ひらの矯正歯科クリニックはコチラ

休日応急歯科診療 

世田谷区歯科医師会・休日応急歯科診療は http://www.setagaya-da.or.jp/oukyu.php 

せたがやコール(03-5432-3333) (年中無休 午前8時から午後9時)

東京都保健医療情報センター「ひまわり」(03-5272-0303)

東京消防庁災害救急情報センター (23区)(03-3212-2323)でも、ご案内致しております。

過去のブログはコチラ

 

12